正常なつむじと【つむじはげ】ってどう違う?見分け方や治し方など解説!

つむじのはげって、生え際・M字と並んで代表的なはげですよね。ですが、本人には気づきにくいし、つむじとの見分け方が難しいんです。

そこで、つむじはげと正常なつむじとの違いから、原因、改善方法や隠し方などを紹介しましょう。

つむじハゲってどんなはげ?つむじとはげの違い・見分け方

つむじのはげは、ほとんどが他人からの指摘で気づきます。自分では気づきにくく、わかった時にはかなり進んでしまっていることも。

実際のところ、正常なつむじと初期のハゲの区別って、どこが決め手になるんでしょう。

正常なつむじでは地肌がみえるのは中心部だけ

正常なつむじでも、中心部は地肌が透けて見えます。でも、透けるのは渦巻きの中心部のごく狭い範囲だけ。

つむじはげの場合は、渦が大きかったり透け部分が枝のように広がり、中心部の渦がはっきりしなくなります。髪が細くなって本数も少ないからなんです。

進行するにつれて、つむじの形がくずれてきます。渦というより分け目みたいに長ぼそい形になったり、円形の薄い部分が大きくなってきます。

ただ、つむじが複数ある人も10%ほどいて、その場合も頭頂部の渦が大きくなって、区別しにくくなります。渦の中心がはっきりわかれば正常でしょう。

つむじはげの部分は周囲とは髪質が違ってくる

正常なつむじでは、周囲と髪の毛の質は同じです。他の部分と同じように、太くてしっかりした毛が高密度で生えているはず。

ところが、つむじはげが進行し始めた場合、髪の中に細い毛、柔らかい毛、短い毛が増えてきます。毛が細いから、地肌が透けて見えるんです。

そんな毛が多くなると、手触りもコシがなく弱々しくなってくるでしょう。つむじ付近を触った時に髪が頼りなく感じたら、つむじはげの始まりかもしれません。

頭皮の色が青白くなければつむじはげのサイン

つむじはげでは、頭皮にも変化がみられます。

通常の健康な頭皮の色は青白いのが普通です。他の皮膚とは違って血管が細いので、あまり赤みは多くないんです。

もし、頭皮に炎症が起きた場合は赤っぽく見えるし、血行不良が進むと茶色っぽくなります。また、皮脂分泌が多いと酸化して黄色っぽく見えることも。

いずれも抜け毛・薄毛の原因になる頭皮の異常を表しています。青白い頭皮でなくなったらトラブルのサインで、その結果としてつむじはげが疑われます。

つむじはげを見分けるポイントはコレ

つむじはげのつむじの特徴をまとめます。

  • つむじの渦がはっきりしない
  • つむじ周りの毛の質が変わる
  • 頭皮が青白くない

こういったことが認められたら、つむじはげの可能性が高いですね。

つむじはげになるとハゲの他にもいろんな症状を発症する!

つむじはげだから、頭頂部の毛が薄くなるのは当たり前なんですが、そのほかにもいろいろ変わったことが出てきます。

抜け毛のようすが変わってくる

薄毛では髪の成長期間が短くなって、抜ける毛が増えてきます。その毛は十分成長できなかったので、細くて短いままなのが特徴。

増えた抜け毛をよく観察すると、寿命を終えた長い毛より、未成長の短い毛の割合が多くなっているのがわかるでしょう。

また、栄養が不足したり皮脂が増えたりしても、細い毛やくせ毛になるなどの変化が見られます。

おでこが広くなってくる

薄毛にはいろんなパターンがありますが、つむじハゲと並行して、おでこが広くなるパターンがあります。U字ハゲという薄毛ですね。

つむじはげには気づかなくても、おでこが広くなるのはわかりやすいでしょう。もし先におでこの変化に気づいたら、つむじはげもチェックしてみましょう。

フケ・痒みが出てくる

頭皮には皮脂が分泌されていますが、多すぎるとこれをエサにする雑菌が繁殖。その分泌物で頭皮に炎症が起こり、抜け毛や薄毛が起こります。

また、シャンプーしすぎると皮脂が減り、乾燥して荒れたり炎症が出て薄毛へ進みます。こういった薄毛の多くには、フケや痒みが伴うんです。

つむじはげになる原因は主にAGA@それ以外にもいろいろ

つむじはげは、程度の違いはあっても見た目は同じ。でも、原因はいろいろです。もちろん対応も違うので、個別に見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)はつむじはげの最大の原因

AGA(男性型脱毛症)というのは、男性ホルモンが酵素で変成されてできた、DHTという悪玉ホルモンが起こす薄毛です。

DHTが多いのがつむじと生え際なので、この部分にハゲが集中します。

髪の成長が抑制されて抜け毛を増やし、つむじはげや生え際などの薄毛の原因になります。男性ホルモンが原因の薄毛だけに、男性の薄毛の最大の原因なんです。

20代から発症しますが、60代では50%超、70代では60%以上の人がAGAで薄毛・はげになっています。

生活習慣全般がつむじはげの原因に

ふだんの生活で身についた、何気ない生活習慣もつむじはげの原因になりえます。

たとえば食事の内容が偏っていると、髪や頭皮に必要な栄養が不足するし、睡眠不足では自律神経のバランスが乱れ、成長ホルモンの量が変わります。

こういった生活習慣に関する要因が、髪の成長を妨げてつむじはげを進行させるんです。

血行不良もつむじはげの原因に

頭皮の血流不足では、髪の成長に必要な栄養が届きにくくなります。結果的に抜け毛やつむじはげを起こす原因になるんです。

血行不良自体がいろんな要因からおこるので、対応も面倒に。運動不足やタバコ、ストレス、眼精疲労など、生活習慣とも密接につながっています。

頭皮の育毛環境悪化もつむじはげの原因に

髪が育つ頭皮の状態の悪化、つまり、乾燥、炎症、硬化、老化といった現象は、抜け毛を起こし髪の成長にブレーキをかけて、つむじはげの原因に。

頭皮の状態を悪化させる原因では、例えばこんなことがあります。

  • 紫外線
  • 間違ったヘアケア
  • 整髪料、ヘアカラー
  • 睡眠不足

これもまた、日頃の生活習慣とも言えるんですけどね。

多くのつむじはげでは、以上のような原因が複数見られます。単純な原因ではないことが大半なんです。

つむじはげは治るのか?改善方法・治し方にはこんな方法が

単純ではないつむじはげを改善する方法って、何があるんでしょう。

つむじの状態を観察して、毛が柔らかくて細い、抜け毛が多い、短い毛が抜けるとかであれば、AGAが疑われます。

AGAの完治は無理でも改善方法ならある

つむじはげの原因・AGAを起こすDHTは、男性ホルモンと5αリダクターゼが結合して作られます。

男性には必須の男性ホルモンと、それを補助する5αリダクターゼ。どちらも必要なものなので、AGAを完全に治すことはできません。

なので、対応はこの2つの結合を抑えるか、髪の成長力を上げるかになり、抜け毛を抑えて髪を成長させるという、2つの作用で改善をはかります。

クリニックは確実でも最後の手段

より確実なのは、AGAクリニックでの治療ですね。薬物治療が中心で、内服薬のほか、外用薬や成長因子の注入などの方法があります。

かなり進んだつむじはげでも改善が可能。ある程度は満足できるレベルまで回復が望めますが、平均月額3万円以上と、費用が高いのが難点です。

この方法は、他に方法がない場合の最後の手段と考えておきましょう。

つむじはげ改善は育毛剤・サプリからスタート

つむじはげの原因は複合的。これに対応するには、時間はかかりますが、育毛剤やサプリメントがいいでしょう。

育毛剤や育毛サプリの多くには、たくさんの種類の成分が配合されています。

多くの成分の多彩な作用によって、DHTの抑制から頭皮環境の改善や栄養補給まで、幅広い改善が望めます。

まだ透けた部分が少ない初期段階のつむじはげなら、育毛剤&サプリでの対応が手軽で費用も安く上がるでしょうね。

つむじはげにはシャンプーなど生活習慣の改善も重要

育毛剤やサプリが有効とはいえ、これにすべてお任せ。生活習慣などの原因を放置したままでは、つむじはげの回復は困難です。

自分で改善できることはたくさんあります。普段の生活を振り返り、髪や頭皮にいいことは即実行することが、つむじはげ改善の早道でしょうね。

  • 頭皮マッサージ(血行促進)
  • 食事の見直し(タンパク、ミネラル、ビタミン補給・脂質は削減)
  • ダイエットの方法も見直し
  • 禁煙(血行促進)
  • 節酒(ビタミン、アミノ酸の消費抑制)
  • 睡眠時間の確保(成長ホルモン確保)
  • 適度に運動(血行促進、ストレス解消)
  • シャンプーの見直し(アミノ酸系で頭皮保護)
  • ヘアカラーの節制(頭皮、髪のダメージ減少)

ざっとこれだけ。ただ、継続しないと意味がないので、無理のない範囲でできるだけ多く実行してください。

まとめ

つむじはげは薄毛・はげの典型です。自分では見つけられず、進行を見のがしやすいはげでもあります。

原因の多くはAGAでしょう。でも、他の要因が重なっているのが特長なので、対処もそれなりに、幅広く取り組む必要があります。

でも、初期のうちなら育毛剤やサプリで改善できます。自助努力も欠かせませんけどね。定期的に頭皮を自撮りするなど、早期発見に努めましょう。