短い抜け毛や細い抜け毛を見つけたら薄毛警報!危険な理由と対策を解説

抜け毛は誰にでもある髪の生え変わり。でも、その中に細い毛や短い毛が混じると、それはちょっとマズいことになるんです。

短い抜け毛は本来あり得ないはずなのに、抜けてしまうのは異常事態です。いったい何が起きているのか、詳しく書いていきます。

抜け毛に細い毛や短い毛が目立つのは薄毛やハゲの可能性が

髪の毛には、成長期→退行期→休止期をくり返すヘアサイクルがあり、規則的に生えては抜けることを繰り返します。

髪の毛が抜ける時期は約2~6年成長したあとの休止期なので、正常な抜け毛なら太く長く成長したものが抜けてきます。

もし、抜け毛の中に、他より短く、先が細くてカットされた形跡のない毛があれば、かなり問題が。しかも、毛自体が細くふにゃふにゃなら、なおさら危険です。

こんな毛が増えるのは、やがて薄毛・ハゲに進行するサインなんです。

その原因には、どんなことが考えられるんでしょう。

細くて短い抜け毛の原因①ヘアサイクルの乱れによる抜け毛

正常な髪の毛の場合は、2~6年の成長期が続くのが普通。ところが、何らかの原因でこの成長期が数ヵ月~1年に短縮された結果が、短く細い毛なんです。

その毛の長さが6~7㎝だとすると、8カ月ほどで成長期が終って抜けてしまったと推定されます。

こんなことになる原因では、まずAGA(男性型脱毛症)が疑われます。

AGAでどうして短い抜け毛が起こる?

AGAは男性が薄毛になる原因の大半を占め、生え際や頭頂部が薄くなるのが典型的な症状です。

AGAを起こすのは、男性ホルモンが変性した強力なホルモン・DHT。毛根の毛乳頭に働きかけ、髪の成長期を短縮させます。

毛根をつつむ毛包も縮小して細い髪の毛しか作れなくなり、そしてまだ短いうちに抜けるようになるんです。

こんな毛が次第に増え、抜ける毛が多くなって薄毛・ハゲへと進行していきます。

AGAでは毛根にも変化が見えてくる

細く短い抜け毛に気づいたら、毛根をよく観察してみましょう。

毛の根元には、普通は毛球と呼ばれる膨らんだ部分があります。ところがAGAを発症した毛根には、毛球が目立たなくなります。

ふくらみがなく、頭皮から出た部分と同じ太さで終わっていたり、ねじれて見えることも。

抜け毛にこういった変化が見られたら、DHTによって成長が抑えられたこと、つまり、AGAが疑われる状態です。

細くて短い抜け毛の原因②栄養不足でも成長不良で抜け毛に

男性が薄毛になる原因は、大半がAGAと書きました。でも、もう一つ頭皮の栄養不足という大きな原因があり、AGAと併発することもよくあります。

髪の成長に必要な栄養が不足すると、ヘアサイクルの乱れと同じように細く短い抜け毛が起こります。栄養不足の要因は、食事以外にもタバコなどいろいろ。

タバコが細く短い抜け毛の原因に

タバコは血管を収縮させて心臓に負担をかけるだけではなく、血流を減らします。

髪に必要な栄養はすべて血流で運ばれるので、その血流が減ると栄養も不足します。タバコは1日中吸うので血行不良も1日続き、その影響は軽くありません。

そして、タバコはビタミンCを破壊することでも知られます。ビタミンCは頭皮を守るコラーゲンを作るし、毛細血管を強化して血流を維持する働きも。

タバコは薄毛にも大きな悪影響を及ぼす悪玉なんです。

過度の飲酒も亜鉛不足で短い抜け毛の原因に

お酒はタバコと違って直接的な悪影響はありませんが、問題は飲んだあと。

アルコールを分解する時には酵素が必要ですが、その酵素に亜鉛が必要なのです。たくさん飲むとそれだけ多くの酵素が消費され、亜鉛も使われます。

さらに、アルコールには大切な亜鉛を尿から排泄させる作用もあります。

亜鉛は、アミノ酸から髪のタンパク質・ケラチンを作る酵素にも必要です。なのに、お酒に亜鉛を使われてしまうと、髪を作る分が足りなくなる可能性も。

適量なら問題ありませんが、多く飲むと亜鉛不足で髪が作られず、薄毛ハゲに進む可能性が出てきてしまうんです。

偏食や手抜きの食事が細く短い抜け毛の原因に

髪を作るには、原料のタンパク質や酵素として働くミネラル、ビタミンなどが欠かせません。

好きなものばかり選んで食べたり、手軽なカップ麺、コンビニ弁当に頼っていると、必要な栄養が不足して髪の成長がストップ。

やがては髪の毛が細りはじめ、抜け毛が増えて次第に薄毛へと進むでしょう。

生活習慣でも栄養不足で細く短い抜け毛の原因に

栄養不足は、栄養を運ぶ血流量の低下と表裏一体。血行を妨げるいろんな生活習慣が栄養不足を招き、抜け毛の原因になっているんです。

例えば運動不足です。筋肉の動きは血液のポンプ機能も兼ねていて、運動不足になると血行不良も同時進行します。

過度なストレスも血管の収縮を招きますが、解消に効果的なのは運動です。運動不足ではストレスを蓄積させ、別のルートで血行不良の可能性を高めます。

また、睡眠不足では、髪を成長させる成長ホルモンの分泌量が低下します。すると髪の成長にも影響が出て、短い抜け毛、細い抜け毛の原因にも。

短い抜け毛や細い抜け毛を見つけたらとにかく早い対応を!

抜け毛が細かったり短いのは、すでに髪の成長力が落ちていることを示します。薄毛が始まっているかもしれず、早い対応が急がれる状況なのです。

短い抜け毛の対策①育毛剤で髪を育てる

細い抜け毛や短い抜け毛は、成長期が短縮されて育ちきれなかった毛。なので、その成長期間を確保・延長することが最善の解決策なのです。

成長サイクルの乱れはAGAの可能性が高く、改善するには原因のDHTの生成を抑えて成長期を正常化することです。

抜け毛が気になる初期の段階なら、対策は育毛剤を使うことでしょう。育毛剤にはDHTの生成を抑える成分が配合されているので、これに期待したいもの。

それに、頭皮に直接栄養を補給することや、頭皮の育毛環境の改善も望めます。髪を育てて抜け毛を抑えるには、最も手軽な対策でしょうね。

ただ、すでにハゲてしまった場合は、育毛剤よりもクリニックをおすすめします。

短い抜け毛の対策②バランスのいい食生活

栄養不足なら、食事内容の改善が基本中の基本です。

便利で安くておいしいものを追いかけないで、自分に必要なものは何なのか、改めて再確認してみましょう。

髪の成長に最低限必要なのは、アミノ酸(タンパク質)、ビタミンB群、亜鉛。それに炭水化物や脂質など、他の栄養素も含めてバランスを考えてください。

さらに、毎日3食を規則的に摂ることも大事です。

そうなるとかなり面倒ですね。「そんなこと無理だ~」という人には、超簡単な育毛サプリをおすすめします。

費用はかかりますが、確実に栄養不足による抜け毛が防げます

短い抜け毛の対策③睡眠時間を確保する

睡眠時間は、成長ホルモンを効率よく利用するためには重要な要素です。時間の長さも必要ですが、個人差が大きく一律には決められません。

それよりも、眠りの質ですね。深い眠りの時に分泌が増えるので、寝室の環境や寝具などを整え、眠りを妨害する要素は極力排除することです。

ちなみに成長ホルモンは、入眠後1時間ほどで最大になり、3時間後ぐらいまでの深い眠りの時に多くなります。布団に入る時間はあまり関係ありません。

短い抜け毛の対策④軽い運動を習慣に

栄養不足では、血行不良が大きく影響します。栄養を運ぶ唯一の手段が血流なので、この流れが悪くては、いくら栄養を摂っても無意味なんです。

そのためには、軽くてもいいので運動を生活習慣に取り入れましょう。筋肉を動かすと血行もよくなるので、意識して体を動かすことです。

短い抜け毛の対策⑤禁煙と節酒を

タバコを吸う習慣は、髪にも体にもいいことはありません。

タバコは血流量を減らして栄養が毛根に届きにくくするし、ビタミンCを破壊して、保湿成分・コラーゲンや髪の材料のケラチンを作ることを妨害します。

髪の成長を妨害する悪しき習慣なので、早々に禁煙宣言を出してくださいね。

また、お酒のアルコールは亜鉛を排出させるし、アルコールの分解でも亜鉛を消費します。髪を作るのに不可欠な栄養・亜鉛を減らすので、お酒はほどほどに。

短い抜け毛の対策⑥クリニックで薬治療を

抜け毛にとどまらず、前頭部やつむじ周辺に直接地肌が見えていたら、生活習慣の改善や育毛剤では回復は難しいかもしれませんね。

そうなると、AGA治療薬が効果的です。抜け毛を抑えるフィナステリドやデュタステリド、発毛を促すミノキシジルなどでの治療です。

ミノキシジルの外用薬は市販されていますが、その他は処方薬です。いろいろ手段はあるので、まずは無料カウンセリングで納得いくまで相談してみましょう。

まとめ・細くて短い抜け毛は薄毛のサイン@早めに対応を!

短い抜け毛と細い抜け毛。たかが抜け毛ですが、実はこわい抜け毛でしたね~。

「これから悪化するかも」というお知らせなどではなく、ハゲが間近に迫っていることを知らせてくれる、ありがたい警報でもあります。

なので、もはや猶予はなく、すぐに対応しないと悪化するばかりです。手遅れでなければ、先に挙げた対応で改善が望めるでしょう。

もし、どの対応がいいのかわからなかったら、AGAクリニックで診断してもらうと安心です。ともかく放置しないでくださいね。